京都行き決定

0
    無事京都に行けることになりました。
    「ウンパルンパの抱きぐるみが当って、運を使い果たしたかも知れやん…(汗)」
    と心配していたので、一安心…。

    そんなわけでとっととチケットの入金を済ませ、高速バスを予約しました。
    今回は岡山の時とは違って日帰りなので、ちょっと強行スケジュール気味ですが、まぁなんとかなるでショ。

    京都といえば、やっぱりお土産は生八橋かなーと思ったんですが、先日こんきちさんのミクシィの日記に「くいだおれ太郎プリン」なるものが大阪に売っているというのを見て、これだ!と(笑)
    くいだおれ太郎形はなくなっちゃったけど、プリンとして残っているのね…(ホロリ)
    大阪駅で買わなければなりません。


    絶対に行くって!!

    0
      …思わず越中詩郎風に云ってしまいましたが。

      12月14日、京都会館でたかじんさんがリベンジコンサートするんだっっって!!
      (↑また越中調になってる)

      10月19日の京都会館でのコンサート、舞台から落ちたので(そしてあばら3本骨折…)、それでは終われない!らしいです(笑)

      行くよ〜〜〜丁度第2月曜だし!!
      12月20日のディナーショウは日程的に絶対行けないので諦めたから、こっちは行きます!

      勿論チケット当ったらだけど(汗)


      そして再びえっちょんさんとムフフ…vなことが起こりそうなヨカーン…。

      勿論チケット当っ(略



      2回目のコンサート

      0
        さて、爆暦ツアーin岡山でゴザイマス。

        岡山公演も行って、正解。

        大 正 解。

        もうホント、たかじんさんの歌声、大好き…。
        「めちゃくちゃ良かった!!!」
        って言葉しか出てこない(笑)

        隣に座ってた女性なんて、歌の時に泣いてたんですよ、マジ。
        「思い出よりこの瞬間」を歌い終わった時と、「エゴイズム」を歌い終わった時に…目にハンカチ当ててたもの。
        私はそれを見て、もらい泣き(笑)
        私自身も「夢見る男のために」の時、涙が出てきました…。
        本当に心に沁みる歌ってのは、涙が出てくるものなんですね。

        歌ってる姿を見てる間、ずーっと心の中で「もうもう、本当にたかじんさんの歌、大好き…!!」と叫びまくってました。

        ってかたかじんさん、本当に歌手活動、再開してください。
        あんな人の心を震わせる歌を歌えるのに、馬鹿ですよ、アナタ!(笑)


        やしきたかじん爆暦ツアー「最終章!?」

        0
          mixiで載せた日記をこっちにも転載。

          めっちゃ長いので、興味がない方はスルーしてください。

          「やしきたかじんってどういう人?」…と知りたい方は、是非読んでください(笑)



          はい、行ってきました!
          たかじんさんのコンサート!!!
          もうコンサートをする!と発表されていた時点で、もっそい楽しみにしておりましたよ。
          同行メンバーは、友人のマリさんと、マリさんのフラメンコ友達のハナイさん。

          会場は名古屋は栄にある「愛知芸術劇場大ホール」。
          ここは以前シティボーイズのライブで2回ほど行ったことがありましたでしょうか。
          シティボーイズは音楽のライブじゃないので、音が良かったとかそういうことは分かりませんでしたが、どこかで読んだ情報によると、この劇場は良い音が聞こえるように設計されたホールなので、コンサートをするにはとても最適なんだそうです。
          ただ私たちはアンプが目の前にあったので、イマイチ音の良さが分からず…(苦笑)いや、今まで行ったコンサートやライブに比べると、すごく音が良かったとは思うのですが。
          本来は会場の後ろの中央辺りに座ってると、良い音が聞こえるはずなんですよね。
          あまりアンプに近すぎるとベースの音がブォンブォン響くのと、アンプから極々小さい音ですが「シャー…」という雑音が出てるのが聞こえてしまうので、歌を聴きに来た身としては近すぎたかなーと思った次第です。
          その代わり半径2メートル以内にたかじんさんが近付いてきてくれましたが(笑)


          今回のセットリストは…

          01.東京
          02.未練'96
          03.黄昏のSolitude
          04.思い出よりこの瞬間
          05.My Memory
          06.エゴイズム
          07.やっぱ好きやねん
          08.なめとんか'96
          09.ICHIZU '96
          10.嘘を置き去りに
          11.大阪恋物語'96
          12.心はいつも
          【アンコール】
          13.夢見る男のために
          14.東京

          …でございました。


          さて、私たちの席は1階の2列目だったんですが、会場の席の作り方の都合上、実質1列目(笑)



          赤く塗り潰してあるところは今回は席がセッティングされておらず、私たちは2列目の一番左の12〜14番でした。
          とりあえず席に荷物を置き、ミクシィのたかじんさんコミュで書かれていたたかじんさんお勧めの「麦酒カレー」と「ちゃんこスープ」を買いに行く私。

          それにしても…普通コンサート会場での物販って、ロビーの中央にドーン!と構えてるじゃないですか。
          シティボーイズもそうだし。
          でもなんだかたかじんさんの物販は、隅の方で細々とやってる感じ…。
          しかもカレーとスープの物販はロビーの比較的見やすいところでやっていたのですが、CDの物販が見当たらず…
          私がまりさんに「ここにはCDないね。今回はCD売ってないのかな?」と云うと、近くに居たスタッフの方が「CDはあちらでやってます」と指を差して教えてくれた先は…
          階段下だったか柱の裏だったか、兎に角見難いところでやってるんですわ(苦笑)
          取り合えずカレーを2個とスープを2種類1個を買い、CDの方へ。
          たかじんさんのCD化されてるものは全部持ってるはずなので、買う物はありませんでしたが。

          購入したカレーとスープ。





          「還暦ツアー」とか買いてあります(笑)
          スープの方はシールですが、カレーの方はわざわざ作ったんですね…永久保存版だわ。
          コブラや次元、ザク(ガンダムのMS)フィギュアの横に飾ります(笑)
          因みにカレーの箱はなかなか芸が細かく…裏面が凝ってます。
          裏の写真は、日記の最後に紹介しますね。

          席に戻り、18時30分になるのを談笑しながら待ち…
          途中場内アナウンスで「ロビーにてグッズ、CDを販売しております」と流れたんですが、「グッズ?!グッズって、これ?!(笑)」と私が買ったカレーとスープを指差して笑う私たち。
          うん、多分これ(笑)
          それにしても、グッズて…(苦笑)

          30分を過ぎた頃、開演のブザーが鳴りました。
          いよいよか!と思ったら、「そこまで言って委員会」でたかじんさんと一緒に司会をやっている辛坊治郎氏の声で、
          「この度は、『やしきたかじん還暦ツアー「最終章!?」にお越しくださり、誠にありがとうございます…」
          ってな感じのアナウンスが30秒くらいでしょうか…流れました。
          そしてアナウンスが終わり、2分くらいすると再びブザーが。
          ステージの奥でバックミュージシャンの方たちがセッティングしてるのが見えます。
          会場のライトが消され、たかじんさんのヒット曲「東京」をアレンジした曲が静かに流れて、今度はアレンジではない「東京」の前奏が始まり…。

          ついにたかじんさん登場!!
          ステージ中央に立ち、深々と客席に向かってお辞儀をします。
          たかじんさんは黒地に白(薄いグレーかな?)のストライプのスーツに、白地に紺(黒かも)のストライプのシャツの衣装。
          とても似合ってました(欲目?笑)。

          「東京」を熱唱するたかじんさん…格好イイ(←完璧に欲目・笑)
          勿論歌詞の…
          「♪灯る東京〜♪」
          の「東京」の部分を「名古屋〜♪」で歌ってくれました。
          お約束です。
          2番の「♪逢えた東京〜♪」は「栄〜♪」で(笑)
          それにしてもとても還暦とは思えない声量…
          誰だよ、某巨大掲示板で「たかじん歌上手くない」とか書き込んでるヤツ。
          めっちゃくちゃ上手いっての(笑)

          「東京」を歌い終わり、再び深々とお辞儀をするたかじんさん。
          たかじんさんは歌い始めと歌い終わりは、必ず深々とお辞儀をするんです。
          ファンを大事にしてくださってる気持ちが、すごく伝わってきます。

          次の曲は「未練'96」。
          別れた男に未練を残す女の姿を、しっとりと歌い上げます。
          (…ってこれ、去年の「koi-con」の時の日記にも書いたな・苦笑)

          そして歌い終わると…
          たかじんさんの楽しいワンマントークショーの始まりです。

          まずは挨拶、それから「1週間後に還暦になります」と。
          まさか自分が60まで生きられるとは思わなかった、何かの本に天才は45〜50才の間で死ぬなんてことが書いてあって、自分は天才だから薄命だと思ってたけど、めっちゃ凡人やった、なんてことを面白おかしく話します。
          先日亡くなった女優の大原麗子さんの孤独死のことを話し出し、「俺に電話くれればよかったのに…」と笑いを誘います。
          そしてこれまた亡くなった山城新伍の話。
          その昔、「新伍のわがまま大好き」という番組があり、たかじんさん本人は出たくなかったのだが、無理矢理出演させられて…

          …と話してる途中、1列目中央に、お客さんがスタッフに誘導されて入ってきました。
          すかさずたかじんさんが、
          「あ、そこ、今来はった!
           もうね〜1列目のど真ん中に一個だけポコッと席が空いてるやん?
           めっちゃ気になっててん!!
           歌ってる間も、『空いてるわ〜』ってもっそい気になってたんよ〜。
           いやー良かったわ。
           ナニ?会社抜けられへんかったの?
           あーそうなん?
           でもそれ、『たかじんやから、遅れてもええわ』って抜け出さへんかったんちゃうん?
           あー…今、何話してたか、忘れたわ(苦笑)」
          と客いじりで、会場爆笑。
          この時、たかじんさんがお客さんと話すのに、ヤンキー座りをしたんですが…
          これが可愛かった〜ラブ
          60のオッサンが、ビシッとしたスーツ着て、ンコ座り…
          ちょっと萌えポイント突かれました、私(笑)
          おかしいな〜…私はたかじんさんに「萌え」はないハズなのに…(笑)

          そしてトークの続き…
          その「わがまま大好き」に無理矢理出演させられたたかじんさん。
          山城氏は番組タイトル通り本当に我侭だったらしく、自分が何かギャグを云い、それでお客さんが笑わないと…
          「ちょっとテープ止めろ。
           おい、何でお前ら笑わへんねん。
           今俺がオモロイこと云うたやろ!」
          と客を威圧したんだそうで…たかじんさん曰く「全然おもろなかった」そうなんですが。
          万事が万事、こんな調子なので、たかじんさんは嫌気が差して番組の途中で「帰ったらぁ!」と帰ってしまったそうで(笑)

          1つ目のトークが終わり(20分位喋ってました)、3曲目「黄昏のSolitude」。
          しょーもない男に惚れて付き合ってて、「一人が好き、一人でも大丈夫」と強がって別れたんだけど、今でもやっぱりしょーもない男のことが好き…という女の歌。
          …たかじんさんが歌う女心の歌詞は、いつもこんな感じですな(笑)
          これはたかじんさんの昔の曲なんですが、最近のコンサートではあまり歌っていなかったようなので…と云ってもここ7年ほどコンサートをしていなかったんですが…私はこの歌が好きだから嬉しかったです。

          4曲目は「思い出よりこの瞬間」。
          来生えつこ&来生たかお黄金姉弟の作詞・作曲。
          不毛な恋に溺れる女の歌を、めっちゃ感情込めて歌います。

          たかじんさんは歌う時に、ものすご〜く魂を込めて…ってか魂を込め過ぎて(笑)歌うので、はっきり歌詞を言わないことが多々あり…
          案の定マリさんに「歌詞が聞き取れなくて、どういう歌なのか分からなかった」と云われましたよ…。
          やっぱりセットリストの歌だけでもCDにしてあげるんだった…(苦笑)

          歌い終わり、トーク2戦目。
          お酒(特にワイン)が好きなたかじんさんは、結構無茶な摂取の仕方をしているのですが、それでも内臓の方は全く問題がないそうで。
          懇意にしてる医者に検査してもらった時も、
          「問題がないなんて、おかしい…もっかい検査してもええ?」
          と云われたそうな。
          それでも最近お腹の調子が悪くなったので、大腸癌かも…と思い、病院に行った時の話。
          たかじんさんの本名は漢字で「家鋪隆仁」(読み方は同じ)。
          「家鋪」なんて珍しい苗字なので、振り仮名をふらないと分かってもらえないそうなんですが、問診表を記入した時はお腹が痛くて振り仮名をふらずに提出したところ、若い看護士さんに

          「イエホコさ〜ん」

          と呼ばれたとか(笑)
          「多分自分のコトやろうなー」と思ったけど、オモロイからもうちょっと様子見たろ♪と思い、返事をせず…

          「カッホさ〜ん」
          「イエホさ〜ん」

          と呼ばれる始末。
          そこでどっしりとした婦長が出てきて、「そういう場合はね、フルネームで呼ぶのよ」と言われ、看護士は

          「カッホリュウジンさーん」

          心の中で笑い転げてたそうですが、それでも返事をしないたかじんさん…(ドSだなー)
          業を煮やした婦長さんは、

          「カルテを貸しなさい、私が呼ぶわ。

           ヤッホーさぁ〜ん!」

          「ハーイ♪」

          やっと返事をしたそうです(笑)
          お茶目なオッチャンですね。

          大腸のカメラ検査をする為に、「パネルのオジサンと同じ格好をしてくださいね」と看護士さんに云われ、壁に貼ってあるパネルを見ると…
          四つん這いになって、こっちを向いてニッコリ笑ってるおじさんの写真が…たかじんさんも四つん這いになり、ニッコリ笑います(場内爆笑)。
          すると看護士さんがでっかい注射みたいのを持ってきたので、
          「それ、ナニ?!」
          「浣腸ですv」
          「ボ、ボク、朝からずーっと下してて…もうお腹になぁんも残ってないんですっ!!」
          「そう思っててもですね、結構お腹に残ってるものなんですよv」
          「や、も、ホント、ぜーんぶ出し切りましたっ!!」
          「さ、お尻を出してくださいv」
          なんてやり取りがあり、ブスッとやられ…
          「3分我慢してくださいねv」
          「…できるかぁ〜!!!」

          とトイレに駆け込んだそうで…
          そして今度はどっしりとした婦長に、2度目のブスッをやられ、トイレに駆け込み…

          結局たかじんさんは何の病気だったのか云わなかったんですが、まぁ多分健康なのでしょう(笑)

          トーク2戦目も終わり、5曲目「My memory」。
          この曲は「冬のソナタ」の挿入歌の日本語カバーです。
          たかじんさんはこの曲がお気に入りなのか、去年の「Koi-con」でも歌われました。

          6曲目は私が大大…大ッ好きな歌、「エゴイズム」。
          この歌を一度でいいから生で聴きたかったんです…!!
          もう感無量でしたハート
          歌の内容は「不誠実な俺だけど、心ごと疲れ果てた夜に帰って一緒に眠りたいのはお前だけ」というもの。
          男の心理を突いてる歌詞で、すっごい好きなんです。
          作詞された及川眠子さんは、天才だわー。
          因みに及川さんは「東京」も作詞されてます。
          もっと云うとエヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」も(笑)
          あーいう歌詞も書くのに、こーいう歌詞も書けるんですなぁ。
          歌詞が知りたければコチラ。

          http://listen.jp/store/artword_1146874_3451.htm


          「エゴイズム」を歌い終わり…
          因みに毎回歌い終わると、演奏が終わるか終わらないかのうちに「いや〜しかしですねぇ…」と前に歩き、話し出します(笑)

          トーク3戦目。

          今度は若い時に勉強のため、色んな歌手のコンサートを観に行ったというお話。
          オカマちゃんたちと郷ひ●みのコンサートに行き、「GO命」と書かれたハチマキをさせられたとか、井上●水のコンサートは7曲くらい歌った後に「どうも〜…井上●水です〜」と自己紹介され、「知っとるわ!」と突っ込んだとか(笑)
          あとは高校の同級生の堀内孝雄氏のコンサートにも行ったそうです。

          数々行ったコンサートの中でも、度肝を抜かれたのは下のお二人…
          まずはたかじんさんの盟友・松山千春氏。

          「千春はね、客に向かって『お前ら』云うねん。
           そんな歌手、他におる?!(笑)
           『俺ね、去年狭心症になってね…
           お前ら、知ってるか?
           狭心症になるとな、性生活まで【医師と相談の上】なんだよ(笑)
           それじゃあ何か?
           俺はこれから嫁とセックスするときも、医師に見てもらいながらしなきゃいけないんか?(笑)
           先生、この体位は大丈夫ですか?とか云って』
           …ってこんな感じ(笑)」

          …と千春さんの物真似…すっごく似てます(笑)
          因みに上の話は、去年の「Koi-con」で実際に千春さんがされたお話です。

          そして今度はたかじんさんがリスペクトして止まない美輪明宏さん。
          美輪さんの真似は、たかじんさんのコンサートでは鉄板ネタです。
          「喘息なのに、コンサートすんねん。
           しかもステージに入ってきた時から他の歌手と違う。
           僕、今から美輪さんになりきるから。」
          と一旦舞台袖に引っ込み、出てくると…
          美輪さんになりきってるたかじんさん…数歩歩くと、客席をキッ!と睨む。
          「あんね、美輪さん、お客さんをまず睨むのよ(笑)」
          再び美輪さんになりきり…苦しそうに咳をします。
          「あ〜…今日はコンサートに来ていただき…ゴホッゴホッ!」
          と美輪さんの声真似…これまたすごく良く似てるんですわ(笑)
          暫く美輪さんの真似をしながら、酒井●子の覚醒剤事件のお話を面白おかしく話します。
          「与作」のメロディで…
          ♪保釈でシャブを射つ〜再逮捕〜再逮捕〜♪
          これはこれまた「Koi-con」で、桑名正博氏が冗談でちょろりと歌った歌です。
          桑名さんも3回ほど捕まってますから…
          そして「これから歌を歌います…」と。
          なんでも桑名さんに「なんかええ替え歌ない?」と聴いたら「ああ、じんちゃん!うん?確かあるよー。思い出したら連絡するわー」と教えてもらった曲が…
          杏里(尾崎亜美)の「オリビアを聴きながら」のメロディで…

          ♪お気に入りの草〜一人キメているの〜♪

          勿論場内は爆笑です。
          私も腹を抱えて笑ってました。
          サビの部分の…♪夜更けの電話あなたでしょ 話すことは何もない♪の部分は…

          ♪夜更けの電話 警察でしょ
           話すことはなにもない〜♪

          に替えられてました。

          桑名さん…面白すぎです!!(笑)

          美輪さんの物真似が終わり、7曲目「やっぱ好きやねん」、8曲目「ICHIZU」を歌い、歌い終わると、
          「あ〜、酒井●子の話の後に、『葉っぱ好きやねん』はやりにくいわ〜(笑)」
          と一言。

          そしてトーク4戦目。

          デビュー時代の売れなかった頃の話。
          たかじんさんは「ゆめいらんかね」という歌でデビューされたんですが。
          「ちょっと歌います」と歌い始めました。

          ♪優しい女が一人居た
           愛していたし 愛されてた
           春になればアパート借りて
           二人で暮らす約束だった
           ゆめひとついらんかね
           ゆめひとついらんかね
           ゆめひとついらんかね
           ゆめひとついらんかね♪

          1番だけ歌い、会場は拍手。
          拍手が鳴り止むと…

          「そしたら世間は…『いらん!!』…って云うてん」

          場内爆笑。

          デビュー曲は勿論売れなかったので、暫くはスナックやらキャバレーで歌を歌っていたそうです。
          そしてある日、お店に俳優の中村敦夫氏が来て
          「今度『新・木枯らし紋次郎』というドラマをやるから、是非主題歌を歌って欲しい。
           作詞は僕だ。作曲は猪俣公章くんだ。」

          かくして猪俣先生に呼ばれて東京に行くたかじんさんですが…
          この猪俣先生ってのが、かなりの豪傑だったようですね。
          たかじんさんが電話に出ると、
          「てめー!この野郎!馬鹿野郎!
           曲が出来たから、東京に出てこいってんだ!
           この馬鹿が!」
          とずっとこんな調子なんだそうで(笑)
          で、たかじんさんが東京の録音スタジオに行き、出来た曲が「焼けた道」。
          歌い出しが♪誰も〜知らない〜♪という歌詞なんですが…

          「ホンマ、だーれも知らない(笑)」

          またまた会場爆笑。
          この「焼けた道」のレコーディングの時、猪俣先生に
          「こら!もっとコブシを回すンだよぉ!この馬鹿が!」
          と云われてカチンと来たたかじんさん、次に歌った時には♪誰も〜知らない〜♪と云いながら、手をグーにして、拳(こぶし)をネジを回すように回したら、
          「オメェ、何やってんだ!?」
          「何って…拳回してるやん」
          「この…馬鹿野郎!なんだそれ!気に入ったぞ!」
          …とこれで大層猪俣先生に気に入られ、毎晩銀座に呑みに連れまわされたそうです。

          さてその猪俣公章先生に気に入られたおかげで、たかじんさんはCMソングを歌う仕事をもらいます。

          「『オイ!この野郎、貧乏ったれのクソったれ!
           金無ぇんだろ?
           仕事やるから、東京来いってンだ!
           待ってるからな!この貧乏野郎!』

           …って、貧乏が増えとるがな!」

          この話、たかじんさんの50歳の誕生日コンサートのDVDにも収録されていて、そこで言っていたのですが、たかじんさんは猪俣先生に名前で呼ばれた記憶がないそうです(爆笑)
          それにしても猪俣先生の物真似…
          私は猪俣先生がそんな風に喋ってるところを見たことがないんですが、多分、千春さんや美輪さんの物真似が上手なたかじんさんですから、猪俣先生の真似も似てるんでしょうね〜(笑)

          東京に行ったたかじんさん、収録スタジオに行きスタンバると、何故かレコーディング室の隅に、頭にハチマキを巻いた猪俣先生が居る。
          「先生、何してんの?」
          「何って、俺はオマエのコーラスだよ!この野郎!」
          そしてレコーディングが始まり…

          「♪あいつ目立つよ態度がジャンボ〜♪

           ヨイショッ!…って先生が云うねん(笑)」

          会場爆笑。

          「♪サントリィレッド〜ォジャンボボォ〜トル〜♪
           サントリーレッドのCMの歌。
           んでね、先生に
           『こんな演歌調の歌じゃなく、俺はフォークを歌いたい』
           って云うたら、
           『あるよ!今度のCMはフォーク調!
            俺は演歌ばかりじゃないんだよ!この野郎!』
           って持ってきてくれたCMソングは…
           ♪青空ばかりが空じゃなく〜赤色ばかりがバラじゃない〜♪
           ♪青春は熱く〜青春は塩辛い〜♪

           今度は桃屋の塩辛のCM。」

          再び爆笑。

          私の文章じゃ上手く表現出来てないんですが…
          もうね、ホント、たかじんさんのトークセンスは抜群なんです。
          笑いの間とか、最高に上手い。
          まぁこれはたかじんさん本人が努力で培ったんですが…
          たかじんさんは若い頃、桂三枝さんのカバン持ちなどをやり、トークセンスを身に着けたそうなので。

          …と、オチがついたところで9曲目「嘘を置き去りに」。
          3年半前に居なくなった男のことを思い続ける女の歌です。
          もーなんでたかじんさんって、こういうダメ男を思い続ける女の歌を表現するの、上手いんでしょーかね〜(苦笑)

          10曲目「大阪恋物語」。
          コンサートでは大抵歌う、たかじんさん鉄板の歌。
          因みにウチの相方がこの歌が大好き(どうでもいい情報ですんません)。
          歌詞の説明はメンドイので(ぉぃ)、こちらへ↓
          http://listen.jp/store/artword_1146874_3863.htm

          11曲目「心はいつも」。
          たかじんさんには珍しく(笑)、結婚式で歌えるような歌です。

          歌い終わるとバックミュージシャンの方に手をかざし、お客さんの拍手を促します。
          そしてステージ右に行き、深く深くお辞儀。
          今度は左に行って再びお辞儀、最後に中央で長いお辞儀をし、たかじんさんは袖に入っていきました。

          そしてアンコールの拍手が始まり、2,3分後…

          たかじんさん、再び登場!!

          今度は上下、真っ赤なスーツでございました(笑)

          還暦だからね〜。

          そして名古屋で初めてのコンサートの時のことを思い出した、と仰いました。
          書かなかったのですが、トーク1戦目で
          「名古屋の客は難しいって人から聴いてて、『そんなことない!同じ人間なんやから』って思っててんけど…
           名古屋はホンッッマに難しい(苦笑)
           でもね、コンサートのチケットが一番早く売り切れるようになったのは、名古屋。
           今回も関西よりも早かった。」
          と云われていたので、色々と感慨深いものがあるのでしょう。

          そして12曲目「夢見る男のために」。
          この歌も、大好きな歌です。
          去年大阪に「koi-con」を観に行った時に歌ってくれたのですが、それまではまぁ普通に好きな曲だったのですが、生歌を聴くとやっぱりいいですね。
          「koi-con」以来よく聴くようになり、今では大好きな歌のひとつになりました。
          歌詞の内容は「夢ばかり追い続けてる俺だけど、こんな俺に笑いかけてくれるお前がすごく大切。」というもの。
          なんだかたかじんさんの人生と重なる歌でもあるような(笑)

          13曲目は再び「東京」。
          ノリがいい曲なので、お客さんも手拍子します。
          たかじんさんもこの曲には魂を込め過ぎて歌わないので、歌詞もちゃんと聞き取れます(笑)

          歌い終わると、颯爽と舞台袖にたかじんさんは下がっていきました。

          コンサートが終わり、3人で「すっごい面白かったぁ〜!!」と大盛り上がり。
          帰路に着きました。

          …といいたいトコですが、私とマリさんは、その後呑みに繰り出します(笑)



          ホント、あっという間の2時間40分でした。
          もっともっと歌とトークを聴きたかったなぁ〜。

          あ、例のカレーの裏側ですが…





          お茶目なことをしますな〜(笑)

          そして誤字発見!
          家舗→家鋪
          これ、たかじんさん気付いてるのかしら…?

          あとね、トークで馬主の話もしたんですが、何処でその話をしたのかすっかり失念してしまいまして…(汗)
          分かる方いらっしゃいましたら、教えてください。
          追記します。



          もう幾つ寝ると…

          0
            たかじんさんのコンサートが迫っております…!!

            …っつってもまだ3週間もあるのですが(苦笑)
            今からワクワクしすぎだっつーの、自分!落ち着け!
            や、落ち着いてられません。
            もしかすると、たかじんさんの最後のコンサートツアーになるかもしれないのですから。

            あのオッサン、普段は云いたい放題の超毒舌な癖して、コトが音楽のことになるとものすっごい繊細なんです。
            「歌は一曲一曲に思いを込めて歌わなあかん!」
            とか、
            「(コンサートをやるには)大きいホールでは、お客さんに想いが伝わらんから、俺は何千も入るような大きな箱ではやらん!」
            とか(実際たかじんさんはいつも2,500人前後の会場でやられます)。
            歌を歌う前と歌った後は、必ず丁寧にお辞儀もします。
            本当にファンの方を大事にしてるんです。
            そんなんだから、毎回コンサート前には胃に穴が開くくらい神経質になって、生卵を壁にぶつけたりするんです(苦笑)

            たかじんさんにとって歌を歌うということはライフワークでもあるのですが、同時に歌に対しての想いが強すぎて、苦痛でもあるようなのです。
            だからここ数年はコンサートをしてませんでした。

            今回は還暦記念でのコンサートですが…
            コンサートのサブタイトルには「最終章!?」なんてのも付いてたり…
            今回のコンサートで歌に対しての思いが変わって、またツアーをしてくれるといいんだけどな〜。

            ま、相変わらず2時間半強あるうち、1時間半はトークのようですが(笑)
            これもたかじんさんのライヴの醍醐味ですな。
            ともあれ、すんごく楽しみで楽しみで、9月28日が待ち遠しくて仕方がありません。
            なんたって席も1階の2列目という、めっちゃいい席!
            ファンクラブで取ったとはいえ、こんないい席が取れるとは思わなかったので…
            あと3週間が長過ぎるよ〜(笑)


            気が早い

            0
              たかじんさんのコンサートツアーの情報を知ってから、BGMはガッツリたかじんさんでございますよ。
              (いや、普段から結構そうなんだけど…最近はサンレッドの主題歌をエンドレス…ってことが多かったから・笑)

              やっぱし、たかじんさんの歌はええです。
              なんでこんな澄んだ美しい声が、あのオッサンの喉から出てくるのか不思議(ぉぃ)

              コンサートは…またもや半分以上トークなんだろーなぁ(笑)
              普通の歌手が2時間で最低20曲は歌うだろうに、たかじんさんは12曲くらい。
              ま、これがたかじんさんのコンサートの醍醐味なんではあるけれど。

              う〜〜〜…今からすっごい楽しみ。
              早く日程が出ないかしら…。
              まだ半年以上あるのに、気が早すぎっすね(苦笑)


              キタ――(゚∀゚)――!!

              0
                キターーー!!!
                きた、来ましたよ!!!

                やしきたかじん氏、コンサートツアーやることを正式に発表!!

                9月1日〜11月3日だそーです。

                多分たかじんさんの還暦お祝いツアー。

                もうもう、嬉しすぎて、これを知った昨晩からドキドキワクワクしっぱなしっす!(遠足前の子供かよ)

                職場には…土下座してでも、給料カットされてでも、行かせて貰うつもり(笑)
                だってコレ逃したら、もう二度とコンサートやんないかもしれないじゃん…あのオッサン。

                出来れば名古屋と大阪、両方で行けたらな〜と思ってます。

                えっちょんさん、また一緒に行きましょうねvvv


                愛してるんだけどバトン Part2

                0
                  今度はなば姐さんから回ってきたよー。
                  ってか、なばさんにもnaoさんから回ってきたハズなんですが?!(笑)
                  そういう回し方も有りだったのか…くそう!(←何だか悔しいらしい)

                  今回は回されたキャラテーマは
                  「藤竜也…と思わせて、やしきたかじん(笑)」。

                  というわけで行きま〜〜す。


                  「愛してるんだけどバトン」

                  ●ルール●

                  1: 包み隠さず全て語ること。
                  2: アンカー突っ走るの禁止。
                  3: 指定されたキャラは男の子である事。
                  4: また回されても何度もやる事。



                  (1)初めて出会った場所は?

                  厳密に言う初めて会った場所は…これもいつの間にか知ってたので覚えてないんですが、多分中学の時、仲の良かった同級生が大阪から引っ越してきた子で、その子がたかじんさんファンだったのでその時に知ったんではないかと。
                  たかじんさんの歌を初めて聴いたのは、18歳くらいのころだったと思います。
                  その友達からCDを借りて。
                  (そのCDは借りパクしたまま持ってます・苦笑。数年後その友人とは交流が途絶えてしまったので)
                  以前から「胸いっぱい」や「ワンマン」を見てたんですが、ドハマリしたのはここ2年くらい。
                  久々に歌を聴きなおして、「たかじんさんって、こんなに素晴らしい歌声だったのか…!!」と改めて感動しました。


                  (2)どこに萌える?

                  も、萌え?!
                  たかじんさんに萌えは…

                  ないなぁ〜。

                  (「げんしけん」の高坂くん風に・笑)

                  でも時々見せるシャイなたかじんさんに「キューンラブ」と来るときがあります。
                  あのオッサン、本当は傷付きやすく照れ屋で、シャイボーイなんすよ。


                  (3)S?M?どっちで居て欲しい?

                  たかじんさんにはSで居て欲しい!!!
                  金村さんや宮根さんを、苛めまくって欲しい(笑)
                  …でも桂ざこばさんには、弱いんだよね〜(ざこびっちは子供だから・笑)


                  (4)どんな仕草に萌える?

                  自分好みの女性を目の前にして、照れまくるたかじんさん。
                  過去「たかじんnoばぁ〜」という番組でかとうかずこさんを後ろから抱きしめるというコントがあったのですが、恥ずかしくて出来なかった…というエピソードがありまして。
                  萌えとは違いますが、この時のたかじんさんは可愛かったですv


                  (5)好きな所は?

                  人情に厚く、仁義を大事にするところ。
                  本当は照れ屋でナイーブなのに、毒舌を吐きまくるところ。
                  普段喋る声はダミ声なのに、歌声は甘く切ないところ。


                  (6)嫌いな所は?

                  嫌いとは違いますが…

                  お願いだから、歌手活動してくださいっ!(涙)


                  (7)望んでいる事は?

                  歌手活動再開希望。

                  本当に本当にお願いします。


                  (8)絡んで欲しいキャラは?

                  絡んで欲しいキャラて(笑)

                  元々仲良しですが、ビートたけしさんともっと一緒に番組やってほしい。
                  なんだったらレギュラーで二人で番組やってほしいなぁ。
                  似たもの同志の二人なんですよねーお互い照れ屋でシャイで。
                  だから気が合うんですよね♪


                  (9)描くときに主張している事は?

                  描いたことありません。

                  でも今度チャレンジしてみようかしらん。。。(笑)


                  (10)家族にするなら

                  デュークと同じで家族にするのは、ちょっと…(苦笑)
                  でも旦那さんにするんだったら、あまり家に帰ってこないし、一人の時間が大事な私にはいいかもですね。
                  亭主元気で留守がいい。
                  …でもコンサート前に神経質になって、壁に生卵を投げつけられるのは勘弁(苦笑)


                  (11)学ラン・ブレザーどっちを着て欲しい?

                  うーん…
                  学ランかなぁ…。
                  でももうすぐ還暦のオッサンが、学ランて…(笑)


                  (12)私服はジャージ・ジーパンどっち?

                  両方ともOKかと。
                  ジーパン姿は何度かテレビで見てるので、ジャージ姿を見てみたい。


                  (13)結婚したい?

                  …微妙。


                  (14)最後に愛をどーぞ

                  還暦(来年)になったら、コンサートするって本当ですか?
                  ってかマジで歌手活動再開してください!!

                  本当にたかじんさんの歌声が大好きなんですー!!


                  (15)回したい方を

                  なばさん → コブラ
                  バトン返ししちゃる!!(笑)
                  なばさんのコブラ愛を聞いてみたい!

                  こんきちさん → ルパン
                  そういえばこんきちさんから「ルパンのココがいいの!!」という話をじっくり聞いたことありません。
                  お願いします〜v

                  みゆさん → Aチームのハンニバル
                  なばさんも指定されてましたが、みゆさん孫悟空をチョイスされたので、こっちも見てみたい!と思いまして。
                  3度目ですが、すみません〜〜(;^_^A



                  10倍

                  0
                    こやつが昨日えっちょんさんのコメントの返信で書いた、大枚はたいて買ってしまったシングルCD。



                    だってこれにしかあの名曲(笑)「晴れときどきTAKAJIN」が入ってないんですもの!

                    いくらかは…まぁいいじゃないですか…フフ、フフフ…

                    赤い彗星は通常の3倍だけど、こいつは通常(のCDシングル)の10倍だと思ってくだs(吐血







                    愛だろ、愛。


                    (…そして溜息)




                    理由判明

                    0
                      毎日たかじんたかじん云うてスンマセン。
                      やー…だってね、本当に良かったんだよぅ、たかじんさん!!
                      本当に歌手活動を本格的に復活させて欲しい!!
                      タレントとしてのたかじんさんも勿論好きだけど、歌手としてのたかじんさんのが魅力あるんだよー。
                      ホント、頼んます。

                      猫

                      さて。

                      先日大阪オフの時、
                      「(たかじんさんの曲を)昔から聴いてたのに、なんで最近(2年前)になってからハマったの?」
                      というようなことを訊かれ(因みに私がたかじんさんの曲を初めて聴いたのは、18か19の頃。友人からCDを借りて)、訊かれた時は
                      「そういえば…なんでろう?
                       前から聞いてて好きは好きだったけど、なんでこんなハマったんだ?」
                      と自分なりに考えてみました。

                      先日「koi-con」のレポ日記にも書いたんですが、たかじんさんの歌う女心を綴った歌詞というのは大抵…

                      「夢ばかりを追い続けるダメな男だけど、一生アンタについてくよ。
                       …または私はもうついていけないけど、ずっと応援してるよ」

                      ってな感じの内容でして。
                      で、男の歌の場合も…

                      「夢ばかり追い続けてるし不誠実なオレだけど、お前が一番大事」

                      ってな歌。




                      で、結論。





                      私がそれなりに年を取ったということだっ!(笑)


                      なんつーか…まぁ、私の今の相方っつーのは、別に夢ばかりを追い続けてるわけでもないし、たかじんさんが歌うほどのダメな男ではないけど、筋肉馬鹿だし阿呆なんである(酷い…)。
                      歌詞の内容に近いダメな部分もある。
                      「泣いてもいいか」という曲を初めて聴いたときは
                      「これ、相方の歌じゃねぇの?(笑)」
                      思ったくらいだ。

                      そんな男と付き合ってるもんだから、たかじんさんの歌に共感っつーか、胸にくるんですなぁ…(苦笑)。

                      そんじょそこらの若手の歌い手さんには表現できない歌を歌うから、好きなんだろうなぁ…と。

                      勿論いい曲作る若い人もいますよ。
                      ミスチルなんか、昔はすごく好きだったし。
                      でも今ミスチルの歌を改めて聴くと…
                      「青いね〜若いねぇ〜(笑)」
                      と思ってしまう。
                      ドラマ「コード・ブルー」(だったかな?)の主題歌も
                      「青臭ぇなぁ〜(笑)」
                      と思ってしまった私が居たりして。
                      (ミスチルファンの方すんません。嫌いなわけじゃないです)

                      MISIAやクリスタルケイも好きだけど、まだまだ含蓄が足らんなぁ…と思うわけです。
                      だから演歌やシャンソンは、年取ってから歌った方が良い味が出るんでしょう。

                      そんなワケで理由が判明して、愕然とした私が居たりして…(苦笑)


                      calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recommend
                      recommend
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM
                      JUGEMのブログカスタマイズ講座